Camera Link 規格

欧米のMachine Vision関連企業10数社が策定した産業用CCDカメラとフレームグラバーのインターフェース規格で、2000年10月にリリースされました。

高速画像信号、CCDカメラ制御信号、および通信信号を一本のコネクタ・ケーブルで伝送でき、各社各様のインターフェースを統一することにより、部品入手性の改善、部品コスト・開発コストの低減を目的としています。

当社では幅広い製品バリエーションの在庫がございます。 是非お問い合わせ下さい。

PAGE TOP