to;”>

半導体デバイスの故障原因の第1位は静電気障害です。

半導体デバイスが静電気により損傷をうけることは、電子、電気業界をはじめ多くの業界で認識されております。
しかしながら、それに対する対応は十分とはいえず、半導体の静電気放電(ESD)損傷は皆無になるどころか、いまだに故障原因の1位を占めています。

to 39%;”>

貴社の工程で半導体デバイスに損傷が?

静電気はいたるところで発生します。そのため、貴社の工程で静電気が発生し、半導体デバイスを損傷させているかもしれません。

半導体デバイスの損傷を防ぐためには、生産工程での静電気対策はもちろん、検査、仕分け、梱包、出荷工程に至るまですべてのエリアでの対策が必要となります。

また、近年静電気に非常に敏感なデバイスが増加してきています。静電気対策の不備が思わぬところでの損傷の原因になっているかもしれません。

 

 

 

半導体デバイス損傷を防ぐためには確実な静電気対策が必要です。

床や作業台の上に静電気対策マットを敷く、人体帯電防止のためにリストストラップを用意する、輸送にはシールドバックを使用する、絶縁体の除電にイオナイザーを使う、といったことから、各種テスターによる静電気対策製品の特性管理まで十分な対策が必要です。

当社では静電気対策のご提案、現場診断、セミナーなど専門の知識をもったスペシャリストがご対応させて頂きます。

PAGE TOP